好奇心

d0188392_18592258.jpg


夏になると食べたくなるあの味

店先から香ってくるなんともいえない香ばしい香り

おいらの大好きな食べ物の一つ

「うなぎ」


そのウナギの天然卵って今まで見つかった事が無く

どこで産卵され、その様な環境が好まれるのか全く不明だったそうな。

そんな天然のニホンウナギの天然卵が採取されたそうな。

以下 YAHOOニュースより抜粋 

漁獲量が激減しているニホンウナギは、完全養殖に成功しているが、稚魚(シラスウナギ)に育つ割合の低さなどから実用化に至っていない。天然卵の発見で、より生育に適した水温や水質、光の条件が分かる可能性があり、養殖技術の発展に大きく貢献しそうだ
 
 ニホンウナギは水深約200メートルで産卵し、卵は1日半かけて水深約160メートル、水温約26度の海中まで上がりながらふ化することも分かった。これらの海中の塩分濃度などを詳細に調べることで、より養殖に適した環境を再現できる可能性もあるという。
 塚本教授は「水温や水質など、完全養殖の実用化に向け、かけがえのないデータが得られた。研究が進み、ウナギが産卵地を決めるための『目印』が分かれば、産卵の瞬間も見られるかもしれない」と話している。 

☆☆☆☆

これで養殖の確率が向上したら、旨いウナギが沢山食べられるようになるのかな~♪

それにしても、ウナギって深いところまで産卵に行くんだね。
海でウナギってみた事ないけど。。。どうやって移動しているんだろう?


写真:「好奇心」

気にいったら「ぽち」っとお願いします
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by ykubota2010 | 2011-02-03 19:06 | 雑記