変化

d0188392_19165031.jpg


 今回の大震災の報道を見ていて

大きな変化があるなと感じたことが何点かある。

 生きるために必要なものの要素が変わっている気がする。

以前であれば、ナイフや火をおこすための道具類は必須アイテムだった気がする。

が、

ここのところの報道では、被災袋などへ入れておくものから省かれている気がする。

※僕の単純な聞きのがしかもしれないし、
   ナイフでたびたび発生する事件のため、
     法改正でナイフの所持が難しくなっているのが原因かもしれない(;^^A


 インフラが整っている環境であれば、ナイフ等無くても良いのかもしれないが

やはり今回の大震災の様な状況下だと必要な気がする。

ナイフと火があれば、食料の確保や調理、必要な道具を作るなど、

自然の中での生活もかなり楽になるが

これらの道具が無ければ、自活して生活するのは

結構つらい物があると思う。


 また、この大震災を発端とする発電所の問題で、

あらためて感じたのが、今の生活は大きく電気に依存をしているという事。

我が家はオール電化とは言わないが、キッチンはIHクッキングヒーターに変わった

照明や一部の給湯設備は電力を使っている。

ガスの物もあるが、やはり電気が圧倒的に多い。

 田舎なので都市ガスの様なラインでつながれておらず、ガスタンクを使う分

地震でのラインの断線などは影響は少なそうだが、

いずれにしても多くの部分で

電気が無くなれば生活にかなり大きな影響がでる。

考えてみると恐ろしい。

電気が無ければ、生活の基盤が脅かされる。。。(;^^A

昔ながらの道具。

いざという時のために

七輪や火鉢、炭とか準備しといても良いのかな



写真:「未来を夢見て」



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by ykubota2010 | 2011-03-21 19:40 | 雑記