素朴な疑問

d0188392_18512426.jpg


 3月11日に発生した大震災と津波による被害

沿岸地区では津波で、建物は海にのまれ

更地の様な状態に

地盤沈下で田畑は海水に漬かっている

市庁舎や銀行

様々な物が波にさらわれてしまった。

個人所有の公的な証明書や権利書、保険証書の類だけでなく

公的機関が管理する住民台帳や土地の所有を表す登記簿

色んなものが流されてしまった。

こんな場合ってどうなるんだろう?

国でバックアップとってるんだろうか?


 保険や預金残高、土地の所有にしても

顔見知りの担当の方が被災で健在であれば、

色んな意味で確認できる可能性はあるけど。。。

もし、不幸にもお亡くなりになったり

別の地へうつられたら

どう確認するんだろうか??

 個人で経営をされていた中小企業や商店のオーナーさん

支払いとかはどうするんだろうか??

手形にしても。。。流れちゃったら確認のしようがないよね

相手先の会社の人が誰もいなくなったら?

または責任を有する人間がいなくなり

事実上存続不可能となった場合

どう回収するんだろうか?



まともな経済活動が行われている状況じゃないから

ある程度ペンディングにしても。。。

どうやって処理をするんだろうか??


 例えば、被災地にメインの納入先さんがあって

先方からの入金が無ければ資金繰りが危うい会社さんとか 

何か物品を貸与している非被災地域の人や会社さんは

どうなるんだろう??

イレギュラーな事態とはいえ、疑問が?



今、現段階でこんなこと考えるはとても

不謹慎なことなのかもしれないが。。。

素朴な疑問が沸々とわいてきた。。。

写真:「マジックアワー」

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by ykubota2010 | 2011-03-22 19:16 | 雑記