恋い焦がれる!?

d0188392_1722657.jpg


 某焼肉屋さんの食中毒事件を発端に

ユッケ、生レバー、生センマイ

と生肉が食べられなくなって久しい。

最近は、馬刺しも食べられるお店が少なくさみしいところ。

 先日レストランへ食事に出かけて

盲点だったというか。。。びっくりしたのが、

「カルパッチョ」もお店で出してもらえない

 そのお店のカルパッチョは生肉を薄くスライスしたものに

たっぷりパルメザンチーズがふりかけてあって

かなりおきにいりだったのだが。。。

 確かに生肉を使ってる・・・(;^^A

 居酒屋さんによっては、外側を加熱処理している 「牛肉のたたき」

も出してもらえない(TOT)

 あ~、こうなってくると 

やはり生肉が食べたい(><)


 ん~、食の安全も確かに大切だけど、

なんでもかんでも規制するのじゃなく・・・

自己責任である程度食べられるようにならないだろうか(;^^A

 
 動物も植物も大事に育てられた温室育ちのものは、やはり病気などに弱い

逆に露地栽培のものは多少何があっても大丈夫。

人間もやはり一緒じゃないだろうか!?

 安全を重視するあまり

菌をなくしたりすれば、口に入れる前や、

入れた際に「やばいか?」なんて危険なものを判断したり、

体内に入った異物と戦う体内の抗体も弱いものとなる。

すなわち生物としての生命力低下。


 海外へ行けば日本で見かけないような

いろんな食べ物が出てくる。

常にクリーンな環境で食事を食べられるとも限らない。

 これから人口増加の影響で

今まで食べていた上等な物が調達できず、

日常的に食べられない世の中になるかもしれない?!

 アメリカでは将来の食糧難をみすえて?!

最近「虫」を調理するシェフや食す人たちも

少しずつ増えてきているそうな。

 かつて、先人たちは、死を運ぶ毒を含んだ

ふぐの肝ですら、その美味な味わいを楽しむため?に

危険を承知で調理法を確立してきた。

 少し話は飛躍したが、

 自己責任で構わないので、レバーやユッケ、生センマイ 食べたいな。

生肉が大好きというわけではないが、

やはり旨いものが食べられないのはさみしい。


写真:「思い出の街角」

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by ykubota2010 | 2011-12-20 18:10 | 雑記