メタセコイア

d0188392_17311156.jpg


 車やバスの車窓から見える

沿線の風景も旅などで訪れた

街の記憶、イメージを醸し出す風景の一つ。

 四季折々の花々を咲かせ、秋になれば赤く色づく木々は

目にも鮮やかで、どこかせわしない

町の雰囲気を

和らいだものへと変えてくれる。

そんな街路樹だが、

最近は、鳥害防止や剪定、

雑草などの処理などの手間や費用削減のためか!?

 多くの幹線道路沿線や中央分離帯で

植えられた街路樹が引き抜かれ、

色気のないコンクリートで塗りこめられ

金属製のガードレール等に置き換わっている。

なんとも味気ない街の風景となる。

 維持管理も大変だと思う。

そのために作業渋滞などもあるが

やはり沿線の空気を和らいだ

記憶へと変えてくれる木々は残してほしいな 


写真:「メタセコイア」


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by ykubota2010 | 2012-01-12 18:10 | 雑記